大切な方の為の...(*^^*)

今日はお客様のお仕事 安全バーのお話...('ω')ノ

 

安全バーをおろして自身とお連れ様を守りましょう('ω')ノ

スキー場は山の上にあり天候は、いつも穏やかではありませんし乗り降りの際にスピードを落とす事がありますが、
乗ってる人には関係なく揺れは突然やってきます。(T_T)

日ごろから安全バーを下げかっこよく乗車していただくことが重要です(>_<)

土・日・祝など乗車定員に組み分けさせていただく際、お小さい方と乗車をお願いすることもしばしば(*ノωノ)
この時、お小さい方は大人の方を 大人の方はお小さい方を気遣いしながら安全バーを上げ下げして頂く必要があります(*^^*)

お小さい方から大人の方まで4人がきちんとイスに座り(*'▽')背もたれに背中がついた時点で声掛けをして『バー下ろします(*^^*)』など、カッコよく声掛けしていただくと、素敵ー(*'▽')

グローバルな方と4人組になった際は『安全バー』ではなく『セーフティーバー』というと流石~...(≧▽≦) ですよ

上記の写真は降り場での1コマ...('ω')ノ

中心にお座りの大人の方のみで安全バーを安全に上げる('ω')ノ 

とても見ていて安心(*'▽') ですよね('ω')ノ

お小さい方と一緒になった時の安全バーを上げる際の注意は次の通りです(>_<)

まずは、声掛けをお願いします   ('ω')ノ『安全バーを上げます~』 

その際、お小さい方が安全バーを『握ってないか・きちんと座っているか』確認してください (p_-) 

大人のバーの引き上げによりバーを握っている子供さんはバーにつれられてイスから降ろされてしまいます (T_T)

バーを上げるタイミングも 早すぎず・遅すぎず が、肝心です ('ω')ノ  
スキーヤーなどストックをお持ちの方は板が雪面に到達する前にはバーを上げる必要がありますよ...('ω')ノ

とても、簡単に見えて高度なお仕事をお客様自身がしていらっしゃいます('ω')ノ

これらも含めて、さすが上級者ですよね~(≧▽≦)

これからも安全にご利用いただくために 大切な方の為に安全バーをおろしてください (*'▽')