ザ・ゼルコバ

スキー場の冬への準備イメージといえば、『草刈』が浮かんでくると思いますが、その草刈もクライマックス!
超難関コースでお馴染みの『ディア』『チェリートゥリー』そしてパウダーで大人気の『ラビット』『クレイジーベア』を地下足袋の中の爪を紫色に染上げて刈ってきた
総仕上げコースとして最後の砦『ゼルコバ』が待ち受けます。
『ゼルコバ』ん?聞いたことない。どこにあるのか分からない。開いてるのを見たことない。初めて聞いた。コース名が恐ろしい。等など色々な声が聞こえてきますが、
まさに『幻のコース』にふさわしいありがたいお言葉です。

コース外に見えますが、瑞穂ハイランド正式コースですが、ほぼ『サイドカントリー』です。バックカントリー好きにはたまらないコースです。

ここがゼルコバの入口タタミコース上部横に入口があります。 




今年は快晴と雨天のタイミングが良かったのか、こんなにも成長しています。(昨年の新入社員あだ名”イケメン”)

精鋭部隊にカット後、姿を現したここが幻のコース入口です。

やはり1番気になるのがコース名『ゼルコバ』(Zelkova)ですよね
瑞穂ハイランドには木や動物のネーミングコースが多いのですが、ゼルコバは『欅』ケヤキの木からとっています。
ここでゼルコバを探せクイズ~ゼルコバはどれでしょうか?
 

1番



2番

 

3番



4番



正解は次回のブログで発表というベタな答え合わせにしておきます。

そしてゼルコバコース内へと話を戻しますと、さすがはたっぷりの雪が降らないとオープンしないコース!
ここもコース内です↓




さすがは幻のコース!原生林丸出しの大木やシダ系植物でジャングル状態!
東南アジアなどでよく見れる石に絡みついてたくましく生きる植物なんかもたくさんあります!

幻のコースなので、予告無しにオープンすることが多々。
やはり、ゼルコバはパウダーのファーストアタックが1番楽しいので、
バレーサイドがオープンし、雪が降った朝はパトロールを見かけてチェックしてみてください! 

今年は昨年の流れで、ゼルコバやチェリートゥリーなどのサイドカントリー的なコースが人気かな?
パウダー用の板でぜひ滑ってもらいたいコースです!

ではでは